コロプラおよびコロプラネクスト、5,000万米ドル規模の新たなVR専門ファンド「Colopl VR Fund 2」を1月31日に設立 ~現行のファンドを含め、VR特化型ファンドの合計は1億米ドル規模へ

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)および、コロプラの100%子会社で投資事業を展開する株式会社コロプラネクスト(代表取締役社長:山上愼太郎、本社: 東京都渋谷区、以下「コロプラネクスト」)は、国内外のVR(Virtual Reality)関連企業を投資対象とする「コロプラネクスト4号ファンド投資事業組合(以下「Colopl VR Fund 2」)」を2017年1月31日に設立いたしました。「Colopl VR Fund 2」は2016年1月に設立した「Colopl VR Fund」と同様に、コロプラとコロプラネクストが出資する5,000万米ドル規模のVR専門ファンドです。コロプラネクストでは、現行のVRファンドと合わせて1億米ドルの規模を誇る世界屈指のVR特化型ファンドを運用してまいります。 AR/VR市場は2025年には約950億米ドルまで拡大し、PC・スマートフォンに続く第3のプラットフォームとして市場を形成する可能性があるとの予測が出ています(出所:Goldman Sachs Asset Management)。VR元年と称された2016年はOculus Riftを皮切りにVR向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)の製品版が一斉に販売され、VRへの注目度が高まっています。 コロプラでは、ゲームと映像は自社グループで対応、カバーしきれない部分を投資で網羅する戦略をとりながら一歩ずつ着実にVRへの展開を進めています。「Colopl VR Fund」ではコロプラネクスト運用のもと、国内外にわたるVR関連企業30社超への投資実績を

コロプラネクストおよびコロプラ、30歳以下の起業家を育成支援する “次世代起業家ファンド”を新たに設立 ~好調な学生起業家支援ファンドを受けて、投資対象をさらに拡大~

株式会社コロプラネクスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山上愼太郎、以下「コロプラネクスト」)および、株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、30歳以下の起業家を支援する「コロプラネクスト3号ファンド投資事業組合(以下「コロプラネクスト次世代起業家ファンド」)」を設立いたしました。 コロプラネクストが現在運用している、学生起業家支援に特化した「コロプラネクスト1号投資事業有限責任組合」では、15社に対して投資を行っており、うち複数社がすでに追加出資を受けるなど投資先評価の向上が確認できています。さらなる投資対象の拡大を図るため、国内外にある30歳以下の起業家支援を目的とした「コロプラネクスト次世代起業家ファンド」を組成するに至りました。シード・アーリーステージにあるスタートアップへの出資や、成長を続ける既存投資先への追加出資が主となります。また今回のファンド設立を受け、問い合わせ・接客の効率化およびマーケティング活用を目的に、自動返信型チャットツールを提供するhachidori株式会社への出資を第1号案件として完了いたしました。 コロプラグループでは本ファンドを通じて、新たな価値を世の中へ生み出す次世代起業家へのさらなる育成支援を行っていくとともに、本体を含むグループ各社と投資先との密な連携により、シナジーを活かした新規事業の創出を目指していきます。 【コロプラネクスト次世代起業家ファンド 概要】 名称  :コロプラネクスト次世代起業家ファンド(コロプラネクスト3号ファンド投資事業組合) 設立  :2016年12月1日

最新記事

© 2019 COLOPL NEXT, Inc.